芸人紹介

三遊亭 金馬(さんゆうてい きんば)

本名
松本龍典 (まつもとりゅうすけ)
生年月日
1929年3月19日
出身地
東京都
出囃子
本調子かっこ
紋
中蔭の鬼蔦

芸 歴

1941(昭和16)年7月三代目三遊亭金馬に入門 前座名「金時」
1945(昭和20)年二ツ目昇進 「小金馬」に改名
1958(昭和33)年真打昇進
1967(昭和42)年四代目「三遊亭金馬」を襲名
落語協会常任理事、日本演芸家連合会長として後進の育成に努力している
2010(平成22)年常任理事を退き顧問に就任

受賞歴

1962(昭和37)年昭和37年度 芸術祭賞受賞
1970(昭和45)年昭和45年度 芸術祭賞受賞

プロフィール

主な持ちネタ
阿武松 芝浜 親子酒 藪入り 試し酒 茶金 御神酒徳利 長短 子なさせ地蔵
文七元結 ねぎまの殿様 鼠穴
出版物
DVD:「四代目三遊亭金馬落語選集」
著書:「金馬のいななき」(朝日新聞社) 「落語東京名所図絵」(講談社)
    「金馬のお惣菜噺」(文化出版)
趣味
プラ模型製作、船旅、童画
自己PR
NHKの「お笑い三人組」で小金馬時代、一龍斎貞鳳、江戸家猫八と
共に日本中の人気者となる。先代金馬の芸を受け継ぎ、古典の本道を
行く。息子・三遊亭金時も父に弟子入りして、親子二代の落語家として活躍中。

出演が予定されている定席

末廣亭 正月二之席 夜席 [詳細]
池袋演芸場 2月上席 昼席 [詳細]
浅草演芸ホール 2月中席 昼席 [詳細]
2017/01/21 彩の国さいたま寄席 [詳細]