出演者の新型コロナウイルス感染について(第2報)

2021年1月20日、定席公演出演者2名が新型コロナウイルスに感染していることが判明いたしました。

当協会は、当該出演者がPCR検査の結果、陽性であるとの連絡を受け、管轄保健所に報告の上、末廣亭、池袋演芸場内の消毒を実施しております。

お客様ならびに関係者の皆さまにはご心配おかけいたしますことを心よりお詫び申し上げます。

今後につきましては感染被害拡大の抑止及び感染症対策を強化し、感染拡大を最小限に防ぐよう全力で取り組んでまいります。

 

詳細については以下の通りです。

1.対象者

鈴々舎馬風、桃月庵白酒

2.症状

鈴々舎馬風は1月16日体調に異変を感じた為、1月16日より定席公演には出演せず自宅で待機し、本日最寄りの医療機関を受診。PCR検査を実施した結果、陽性であることが判明いたしました。

桃月庵白酒は1月16日体調に異変を感じた為、1月16日より定席公演には出演せず最寄りの医療機関を受診。PCR検査を実施した結果、本日陽性であることが判明いたしました。

3.今後の公演対応について

複数名の感染・陽性者が発生している事態を重く受け止め、お客様・出演者・公演関係者全員の安全を最優先し、正月二之席公演(鈴本演芸場(18日より中止)、末廣亭、池袋演芸場)、1月下席公演(鈴本演芸場(すでに中止を発表)、浅草演芸ホール、池袋演芸場)を全面中止させて頂きます。

なお管轄保健所とは適宜連絡を取り合っており、今後保健所からの調査要請等があった場合には全面的に協力し、協会員の感染状況を把握した上で、感染症対策の更なる強化を行い、感染被害拡大の抑止に全力で取り組んでまいります。

50.5M